良い汗・悪い汗の違いは何? 汗の臭いやベタつきには理由があった!

2018-03-17カラダと病気②

この記事は約 4 分で読めます。

笑顔で汗を拭く整備士のイラスト
皆さんは、汗には良い汗、悪い汗があるのをご存じですか?

だんだんと暖かくなってきましたね。
人によっては、これからの季節が億劫ではないでしょうか?
そう、私は億劫です……暑がりや運動不足というのもありますが(笑)心配性な性格のため、精神的なことが原因で汗をかきやすいからなんです。

本日は汗についてご紹介します。

 

汗の種類

 

暑いとき、運動をした時にかく汗

体温が上昇した時に、体温を下げるためにかく汗。全身からかく汗です。
長年の運動不足の方や、精神的ストレスのある方は、うまく全身から汗をかけない場合があります。

精神的な原因でかく汗

ストレスを感じた時や、人前に出て何かをしなければならない時など緊張した時、驚いた時にかく汗。局部にかくことが多い汗です。

手のひらや、足のうら、わきなど。個人的には顔や頭部にもかいてしまいます。

 

辛いものなどを食べた時の汗

辛いものや酸っぱいと感じるものを食べた時にかきます。また、ラーメンなど熱いものを食べた時などにもかきます。

額や鼻にどばっと出たりしますね。局所的にかきます。

 

多汗症

暑くないのに、顔や頭から汗が出てしまう。しかも、なかなか止まらない。

本来ならば、暑い時にかく汗ですが、汗腺の機能の低下により、うまく熱を外に放出できずこもってしまう。結果的に全身からではなく、局所的に大量に汗をかいてしまいます。

 

汗には良い汗、悪い汗がある

 

良い汗とは

汗は血液から作られています。

体温が上がると汗をかくために、血液からミネラル分と水分が汗腺に取り込まれます。
この時、ミネラル分はほとんどが血液の中に再吸収され、水分だけが皮膚の表面から出てきます。
これが本来の汗で、良い汗です。

 

悪い汗とは

発汗を促す交感神経の機能や汗腺の機能が鈍ってしまっていると、ミネラル分の再吸収がされず、水分と一緒に皮膚の上に出てきてしまいます。これが悪い汗です。

普段、ちゃんと汗をかかない生活をしていると、悪い汗をかきやすくしてしまいます。

ミネラルは、体の生理機能を円滑にしてくれる重要な栄養素です。
それが体外に汗と共に出てしまうと、体内でミネラルが不足してしまいます。
そうなると内臓機能が低下し、体調不良の原因にもなってしまいます。

 

良い汗と悪い汗では臭いが違う?

良い汗は不純物が少ないので、サラッとしていて汗のつぶが小さく、蒸発しやすくニオイがほとんどありません。

しかし悪い汗はつぶが大きく、蒸発しにくくベタベタしています。
皮膚の表面をアルカリ化するため、肌にずっとあると雑菌が繁殖してしまい、それが臭いの原因です。

 

精神性発汗を改善することはできるの?

運動不足による、悪い汗は生活習慣をきちんと整えれば良いのは分かるけど、精神的にかいてしまう汗を改善したいですよね。

汗ジミを目立たない服にしたり、脇でしたら汗脇パッドを利用すると、シミだけではなく臭いも吸収してくれるので、外に漏れにくいです。

また、脇に直接塗るロールオンタイプなどの制汗剤を前もって塗っておくと予防になります。

 

また、過剰に汗が出てしまい、生活に支障がある重症の場合は、病院に行ってみましょう。皮膚科や内科で甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)などの病気が隠れているかもしれません。

病気が特にない場合、人より汗腺が多く汗がたくさん出てしまう事もあるそうですが、そういう場合は手術も可能だそうです。

 



 

あとがき

 

これからの時期、汗が気になりますよね。私は数年前から、顔や頭からの汗が異常に多くなりました。

駅まで少し歩くだけでも、尋常じゃないほど出ていました。

また、休日はそこまで汗をかきませんでしたが、仕事の日は職場に向かうだけで汗が出てしまい、仕事中にストレスを感じた時は、汗がダラダラと髪の毛から垂れてしまっていました。

私の場合は、週2回の岩盤浴と軽い運動で汗の量と臭いがかなり改善されました。

やはり、運動は大切ですよね。なかなか時間を作れない方は、リフレッシュを兼ねて岩盤浴に行くことをオススメします。サラサラの汗をたくさんかけますよ。

美肌にも良かったので一石二鳥でした(笑)

2018-03-17カラダと病気②

Posted by garu-mama-rinbo